カジノ映画レビュー

1995年11月22日、マーティン・スコセッシ監督は、ラスベガスのマフィアの生活を描いたカジノ大作「カジノ」を発表した。ロバート・デ・ニーロとシャロン・ストーンが出演し、貪欲、欺瞞、欲望の物語を描いています。

ロバート・デ・ニーロが演じるサム・”エース”・ロススタインは、才能あるスポーツ賭博のハンディキャッパーで、マフィアのためにタンジース・カジノを運営するためにラスベガスに派遣されます。彼はハスラーのジンジャー・マッケンナ(シャロン・ストーン)と出会い、恋に落ち、サムの母に反対されながらも結婚します。彼はタンジアーズでプロとしての仕事を続けようと、大金を稼ぐ人々には友好的に接しますが、ボスの友人たちには厳しい態度で接します。手術不可能な脳腫瘍であることがわかったジンジャーは、自分が死んだら仕事と二人のお金を残すとサムに約束させる。エースは自分の価値を証明し、マフィアのボスたちはエースを支援することを決める。

ニッキーはジンジャーとの高額ポーカーセッションで何度も窮地を脱したことから、ジンジャーを自分のものにしたいと考える。レモはニッキーに彼女をコントロールするように言うが、彼はそれを拒み、ニッキーが外の車で待っている間にレモの家でセックスをしてしまう。二人が一緒に家を出るところをサムに見られてしまい、そのことがバレてしまう。この裏切りに打ちのめされたサムは、ジンジャーがベケット(ドン・リックルズ)から逃げるために隠していた金の一部を、彼女の頼みで渡されたことを知り、2人の関係をさらに悪化させる。彼女が二度と道を踏み外さないようにと、サムはジンジャーにお金のありかを教えてほしいと要求する。

一方、ニッキー・サントロ(ジョー・ペシ)は、エースのマフィアのボス、レモ・ガッジ(チャック・ロー)の弟を連れてラスベガスにやってくる。レモはニッキーをラスベガスの市長に賄賂を渡し、ギャンブルを合法化するように仕向ける。市長はネバダ州でのギャンブルの合法化を検討する前に、200万ドルの前金を要求していた。ニッキーの企みを知ったエースは、誰にも知られないように金を横取りする。そのことを疑ったニッキーは、彼を殺そうとするが、エースはライバルとの高額ポーカーゲームに勝って生き延びる。エースはジンジャーがベケットから逃げるために隠していた使用人の女性、ジュリアン(マダム・ラファイエット)をレモの家で見つける。彼女はレモの監禁されていることを告発し、ニッキーの企みを知ります。ニッキー・サントロはギャンブル合法化の補助金分40。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*